「なぜ、あの人が」-。不登校や引きこもりの若者の支援に長年取り組み、大勢の人に慕われてきた上江田紫寿江(本名・靜江)さん(63)が何者かによって命を絶たれた。活動の関係者や教え子からは、悲痛の声が上がる。沖縄市高原の現場近くには小中学校があり、保護者が不安げな表情で子どもたちを迎えた。