名護市辺野古の新基地建設に反対する沖縄県選出の野党国会議員や県議会与党会派らでつくる「止めよう辺野古新基地建設実行委員会」は9日、県議会内で会議を開き、4月28日午後6時から那覇市の県庁前の県民広場で3千人以上の「県民大集会」の開催を決定した。

 また、実行委は5月17日午後1時から沖縄セルラースタジアム那覇で、万人規模の県民大会を開催することも決定した。

 4月28日はサンフランシスコ講和条約の発効で沖縄が日本の施政権から切り離された「屈辱の日」とされると同時に、今年は安倍晋三首相とオバマ米大統領との日米首脳会談が予定される。

 実行委は4・28に合わせ大規模な集会を開き、あらためて辺野古反対の民意をアピールする考え。

 当初はキャンプ・シュワブゲート前での集会を検討したが、4・28が平日のため、参加を募りやすい那覇の県民広場を会場とした。現地では午前6~8時にゲート前行動、同9時~正午まで議員団が海上行動にあたる。

 午後6~7時まで県民広場で集会を開き、同7~8時まで国際通りをデモ行進する予定。