子どもが引き起こした事故に、親はどこまで責任を負わなければならないのか。これまで、被害救済のためほぼ無条件で賠償責任を負わされてきた親の立場を大きく変える判決を、最高裁が9日、言い渡した。