2016年に県内で発生した交通人身事故のうち、75歳以上の運転手が第1当事者となった事故は284件で、10年前と比べ1・8倍に増えたことが県警のまとめで分かった。