サッカーJ3で8位のFC琉球は12日午後1時から県総合運動公園陸上競技場で6位の福島ユナイテッドFCと対戦する。前節アウェーでAC長野パルセイロと対戦し、1-2で惜敗。薩川了洋監督は「負けはしたが、次につながる試合になったと思う」と前向きに捉えている。

開幕からボランチとして先発出場を続けるMF岩渕良太(右)=南風原町黄金森公園陸上競技場(花城克俊撮影)

 開幕戦から全4試合で、スタメンは11人中10人が同じ顔ぶれ。

 中でも今季新加入のMF岩渕良太が激しいポジション争いを勝ち抜き、ボランチで出場している。J1松本山雅から期限付きで琉球入りしたプロ3年目の24歳。「もっと攻撃面でアピールし、責任感を持ったプレーをしたい」と意気込む。

 高い運動量と素早いパスワークを求める薩川監督のサッカースタイルについては「今までにない感覚。細かい部分まで教えてくれるのでありがたい」と話し、教えを吸収しようと必死だ。ゴールシーンを演出する巧みなボールさばきに注目したい。