民進党代表選(9月1日投開票)に立候補した前原誠司元外相(55)と、枝野幸男元官房長官(53)は21日、告示を受けた共同記者会見に臨んだ。両氏とも離党者続出を阻止しようと結束を訴え、安倍政権への対抗軸として「自己責任から支え合いの社会」を強調した。国政選挙での野党共闘や消費税増税を巡る考え方の違いが明確となり、論戦は本格的にスタートした。国会議員票で前原氏が優位に立ち、党員・サポーターや地方議員票の行方が焦点だ。

 民主党代表選に立候補し、記者会見する前原誠司元外相(右)と枝野幸男元官房長官=21日午後、東京・永田町の党本部

 民進党代表選の共同記者会見を終え、握手する枝野幸男元官房長官(左)と前原誠司元外相=21日午後、東京・永田町の党本部

 民主党代表選に立候補し、記者会見する前原誠司元外相(右)と枝野幸男元官房長官=21日午後、東京・永田町の党本部  民進党代表選の共同記者会見を終え、握手する枝野幸男元官房長官(左)と前原誠司元外相=21日午後、東京・永田町の党本部

 前原氏は共産党を含めた選挙協力について見直す意向を明言。一方、枝野氏は現執行部方針を踏襲する方針を示した。(共同通信)