【東京】内閣府は10日、2015年度の沖縄振興特別推進交付金(ソフト一括交付金)を活用した県事業と市町村事業の予算額約806億円のうち、約58%に当たる約467億円の交付を決定した。 県の配分494億円のうち291億円を交付。決定した全166事業が継続事業。