21日午前10時10分ごろ、沖縄自動車道の西原インターチェンジ(IC)で、料金所に向かっていた運送会社の大型トラックが横転した。沖縄県警交通機動隊によると、荷台からパイナップルの缶詰を梱包(こんぽう)した段ボール箱が路上に散乱。同10時34分から午後1時11分までの約2時間半、同ICの出口が閉鎖された。運転していた40代男性にけがはないという。同乗者はなく、後続車両などにも影響はなかった。

(資料写真)沖縄自動車道

 事故現場は同自動車道の那覇向け本線から西原IC料金所へ向かう傾斜路の途中。頂上付近の右カーブを走行中に進行方向の左側に横転した。バランスを崩したとみられる。道路を管理するNEXCO(ネクスコ)西日本が同ICへの進入を規制。目立った渋滞はなかったという。

 横転後の様子を目撃した薬品会社の男性社員は「びっくりしたが、後続車にも影響がなかったようで安心した」と話した。