沖縄市高原の自宅でNPO法人代表の女性(63)が刺殺された事件で、現場に残された指紋から未成年の男性が重要参考人として浮上していることが、11日までに捜査関係者への取材で分かった。男性の指紋と一致したといい、慎重に捜査を進めている。

 事件発生から2日たったこの日、女性の自宅には元教え子や保護者らが多く訪れ、花を手向ける姿が見られた。市内の斎場では、親族だけの通夜がしめやかに営まれた。