【平安名純代・米国特約記者】マティス米国防長官が米軍普天間飛行場の返還時期について、現在の日米合意の「2022年度またはその後」から「2025年度またはその後」に変更するよう国防総省内に指示していたことが分かった。日本側との協議を加速し、遅くとも年内にはまとめるよう求めたという。