サッカーとフットサルで小学生の女子審判が、沖縄で初めて誕生した。那覇市立天妃小6年の山城七海さんは「なでしこリーグで笛を吹けるようになりたい」と夢を描き、毎週のように実戦経験を積んでスキルを磨いている。 競技経験はなく、那覇市内のチームに所属する二つ下の弟、範紀君の練習や試合に父母と訪れていた。