名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が、岩礁破砕許可が切れた状態で、10月以降、新たに19カ所の海上ボーリング調査を実施することを受けて県水産課は、認められないとの見解を示した。県海岸防災課は、護岸建設での地盤改良について「知事の承認を得る必要がある」とした。