9秒でまるわかり!

  • 県内で逆流性食道炎と診断された人が10年前の約3倍に増加
  • 原因は肥満、過飲過食、脂っぽい食事、姿勢の悪さ―など
  • 放置すると食道が胃酸にさらされ続け、ガンのリスクが高くなる

 胃酸や十二指腸液が食道に逆流することで食道の粘膜を傷つけ、炎症を引き起こす「逆流性食道炎」が県内で増えている。沖縄消化器内視鏡会の2014年の調べによると、内視鏡検査した人の中で、逆流性食道炎と診断された人の割合は12・6%。統計の取り方に若干の違いがあるが、10年前の4・6%の約3倍に増えている。欧米人に多い病気だが、近年は食の欧米化や生活習慣の変化で日本人も増加傾向。進行すればがんのリスクも高まる。胸やけやげっぷ、喉の違和感などが続く場合は早めの受診が必要だ。(豊田善史)

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎になりやすい人

逆流性食道炎の症状 逆流性食道炎になりやすい人

 浦添市に住む薬局勤務の比嘉美奈さん(32)=仮名=は2年前に食べ物が食道につっかかっている感じや、げっぷが出そうで出ないなど、胃の不快感が1カ月間続いた。クリニックで内視鏡検査を受けたところ、逆流性食道炎と診断された。医者からは、食べ過ぎや脂の多い食事を続けていたことが原因ではないかと指摘された。薬を飲んで症状は約2週間で治まった。比嘉さんは「早期に処置ができたので良かった。今後も定期的に内視鏡検査し、食生活に気をつけたい」と話した。

■肥満や高齢者に多い

 逆流性食道炎は、胃と食道のつなぎ目である括約筋が緩み、胃酸が食道へ逆流して炎症を起こす。肥満体形や背骨が曲がった前かがみの高齢者は、腹部を圧迫することで、胃酸が逆流しやすくなる。食後3時間以内に寝ることも発症につながり、年齢に関係なく若者でも発症する。このほか、胃の一部に食道が飛び出ている状態の食道裂孔ヘルニアによる場合もあり、多くの複合的な要因が重なって起きるケースもある。

 増加の背景には、胃酸過多や食道括約筋が緩みやすくなる肉類などの動物性タンパク質や脂肪の摂取、過飲過食などの生活習慣の悪化が挙げられる。

 日本消化器内視鏡学会の指導医で南部医療センター・こども医療センターの岸本信三医師は県民の増加傾向は、肥満の人が全国に比べ高いことが原因と指摘。「カロリー摂取はさほど高くないが消費量が少ないため肥満の人が多い。生活が車に依存して運動をしないからではないか」と指摘する。

 治療法は胃酸を抑える薬を服用する。症状が良くなったら、規則正しい生活を維持する。「一度発症してしまうと生活習慣を改善しない限り、完治は難しい」と岸本医師。

 脂肪を多く含む肉類などの食べ物やケーキなどの甘い物、香辛料のほかアルコール類、コーヒーなども胃酸の分泌を促進させるので、酸性の食事は控えるのが望ましい。一方、薬で症状が改善しない例もあり、その場合は心理的なストレスの場合も考えられ、治療方法も変わってくるという。

■ガンのリスク高まる

 岸本医師は、治療せずに放っておくと食道が胃酸にさらされ続け、ガンのリスクも高くなると指摘。「まずは診察を受けて。特に高齢者はガンの可能性もあるので内視鏡検査を勧める」と呼び掛けた。