沖縄市高原の自宅でNPO法人代表の上江田紫寿江(本名・靜江)さん(63)が刺殺された事件で、県警は12日、現場に残された指紋から重要参考人として行方を追っていた住所不定の無職少年(18)が、別の住居侵入と窃盗の容疑で、愛知県内で逮捕されたと明らかにした。同日午後に沖縄県へ移送される予定で、上江田さんの殺害についても事情を知っているとみて詳しく調べる。

 県警によると少年は6日夜、沖縄市内の上江田さんとは別の民家に侵入し、現金約4万5千円などを奪った疑い。「間違いない」と話している。

 県警によると少年は県出身。携帯電話の電波の発信源などから県外に逃亡した可能性が強まったとして11日、窃盗と住居侵入の疑いで少年を指名手配し、同日午後9時27分ごろ、愛知県警東海署が逮捕した。