【名護】名護署(山田聡署長)はこのほど、爆弾テロを想定した対処訓練を名護市のあけみおSKYドーム駐車場で実施した=写真。路線バス内で不審者が爆弾の入ったかばんを置き、逃走した事態を想定。不審物発見から乗客の避難、運転手の通報、駆け付けた県警爆発物処理隊が不審物を除去するまでの一連の流れを確認した。