サッカーの明治安田J3は12日、第5節が各地で行われた。8位のFC琉球は、沖縄県総合運動公園陸上競技場で6位の福島ユナイテッドFCと対戦し、1-1で引き分けた。

数的有利を生かせずドローに終わり、うなだれるFC琉球イレブン=県総合運動公園陸上競技場(松田興平撮影)

 琉球は前半29分にMF田辺圭佑が今季初得点を挙げて先制するも、ロスタイムの46分に福島のFW金弘淵に同点ゴールを奪われて折り返した。 

 後半18分に福島に退場者が出て数的優位に立ったが得点できず、逆に終盤は攻め込まれる場面も目立ったが、GK今野太祐の好守でしのいだ。 

 琉球の通算成績は、1勝2分け2敗で勝ち点は5。順位は変わらず8位。

 次戦は19日、とりぎんバードスタジアムで、ガイナーレ鳥取と対戦する。(観客数974人)