ANAカーゴが沖縄の国際貨物ハブ事業で、土曜日の深夜便を運休し路線の一部再編を実施するのは、ビジネス文書などのエクスプレス貨物の需要が想定した見込みを下回ったことにある。格安航空会社(LCC)の台頭もあり、貨物運賃の単価は下落、採算性の低い路線を減便して事業基盤の強化を図る考えだ。