【浦添】浦添市西原区の比嘉繁男さん(65)宅の車庫が鮮烈な赤紫のブーゲンビレアに覆われ、地域の人たちから「毎年今ごろは住宅街の鮮やかな彩りが地域の風物詩。ど根性ブーゲンビレアでも話題」と人気を集めている。

鮮烈な赤紫で車庫を覆うブーゲンビレア=浦添市西原・比嘉繁男さん宅の車庫

鉢やコンクリートを割って根を張るブーゲンビレアと比嘉さん

鮮烈な赤紫で車庫を覆うブーゲンビレア=浦添市西原・比嘉繁男さん宅の車庫 鉢やコンクリートを割って根を張るブーゲンビレアと比嘉さん

 18年前、比嘉さんが知人の庭からブーゲンビレアの枝を切り、直径35センチの鉢に挿し木をした。

 成長すれば車庫の格好の日陰になると、車庫の入り口のコンクリートに穴を掘り、そのまま鉢をはめ込んだところ、木がどんどん大きく成長していった。

 いまでは根元の胴回りが約50センチに成長し、鉢を突き破ってコンクリートにもひび割れが生じるほど木の勢いが強い。伸びた樹高は約2・5メートル。枝の先端を縄で誘引し約3メートル四方の頂を広げている。

 比嘉さんは「まさかコンクリートを割るとは思わなかった。特別な肥培管理はしなかった。通りに面しているので、暑い盛りには涼を求めたり写真を撮ったりする人が多い。地域のシンボルになればうれしい」と話した。(翁長良勝通信員)