新基地建設が進められる名護市辺野古沖では13日午前、曇天の下、スパット台船上で作業員が海上作業をする様子が確認できた。波が高いため、同日のカヌー隊などによる抗議行動はなかった。

作業を続ける海上のスパッド台船=13日午前、名護市・辺野古沖

 米軍キャンプ・シュワブゲート前では、午前7時ごろから新基地建設に反対する市民ら約30人が工事車両の進入を阻止しようと沖縄県警ともみ合いになったが、けが人などはなかった。