水産庁と沖縄総合事務局は1日から、沖縄周辺海域での外国漁船の違法操業取り締まりを強化している。クロマグロ漁期が終わる7月末まで。国内漁業者と外国漁船のトラブルを防ぎ、日台漁業協定の対象海域での新たな操業ルールの定着を図るのを目的としている。

 対象海域と八重山周辺海域を重点的に、漁業取締船と取締航空機を配備する。沖縄総合事務局の外国漁船合同対策本部は「昨年に比べて、取締船の稼働日数は倍以上、航空機の飛行日数は約2倍にし、安心して操業できる環境をつくる」としている。

 昨年の取り締まり期間は台湾や中国の漁船など3隻を拿捕(だほ)した。