創価高校(東京都)の生徒8人が9日、那覇市の対馬丸記念館を訪れ、1944年8月に米潜水艦の攻撃で沈没した疎開船「対馬丸」の悲劇や沖縄戦について学んだ。 生存者でもある対馬丸記念会の高良政勝理事長(77)が体験談を語った。