9秒でまるわかり!

  • ヤギ肉人気を受け、肉の多い個体を生む研究が進んでいる
  • 3種を交配したヤギの枝肉の割合が大型よりも多かった
  • 体重などの個体差も大きく、今後は安定生産の技術確立へ

 ヤギ肉料理の消費拡大に伴うヤギ肉の供給不足に対応するため、琉球大学農学部の砂川勝徳教授の研究グループは、肉生産性が高いヤギを生み出す交雑実験の研究を進めている。昨年度、県内で一般的に肥育される日本ザーネン種、大型のヌビアン種、肉用で多産系のボア種との「三元交配」に初めて取り組み、交配ヤギは体重に占める枝肉の割合(枝肉歩留まり)が高くなるとの結果を4月までにまとめた。(長浜真吾)

日本ザーネン種とヌビアン種、ボア種を三元交配した個体と、研究を進める砂川勝徳教授=琉球大学農学部

 砂川教授は「ボアの産肉能力の高さが表れた。ボアは多産系という特徴もあり、総合的に肉生産量の増加に貢献できる可能性がある」と説明。

 一方、三元交配は体重などに個体差が大きかったとも指摘し、今後は遺伝的な相性を含めて交配や系統を研究し、安定生産の技術確立につなげる必要があるとしている。

 実験では日本ザーネン(雌)とヌビアン(雄)を掛け合わせた「大型ヤギ」にボアを掛け合わせた「三元交配」(雄)5頭、大型ヤギ(雄)5頭を比較した。同様のエサを与え、生後3カ月~1年の9カ月間、体形や体重などを測定した。

 5頭のうち、3頭を枝肉に解体した平均値では、体重は大型が88キロに対し、三元交配は79・5キロ。

 枝肉重量も大型が上回ったが、頭部と内臓を除去した枝肉重量の体重比(枝肉歩留まり)では三元交配が59・2%で、大型を0・4ポイント上回った。特に肩の上部(ロース)の量が多かった。

 砂川教授は三元交配は枝肉歩留まりの改善に加え、大型よりも多産化の傾向があったと指摘。

 ただ、ボアを掛け合わせる雌によって、体重が70~100キロとばらつきがあり、「個体間の相性について科学的な分析が求められる」と課題を挙げる。

 砂川教授は昨年1月、ヤギ肉料理が血圧を上げるという定説を覆し、原因は料理に使われる塩分にあるとする研究結果を発表。

 以後、ヤギ肉料理への需要の高まりで肉の供給が不足しているため、砂川教授は肉生産性を高める研究にも取り組んでいる。