埋め立てで造成された海中道路(うるま市)の周辺で、全体的に海流が停滞し一部で生物種数が著しく低下、汚染された環境を好む特定のヨコエビや微生物が多く出現していることが13日、分かった。