【石垣】今年初となる本マグロ(クロマグロ)が6日、石垣市新栄町の八重山漁協で水揚げされ、セリ場は活気がみなぎった。八重山近海には春先、産卵地を目指して、北から本マグロが南下する。マグロ漁船はキハダマグロを狙いつつ、同じ深さを泳ぐ本マグロの捕獲を待つ。

八重山漁協に水揚げされた今年初となる本マグロ=6日、石垣市新栄町

 今年初の本マグロを捕らえたのは第一善幸丸。19年間初マグロを狙い、これが3度目という。石垣島の南の洋上で仕留めた260キロの大物は東京都の築地市場へ直送された。例年、本マグロの水揚げは20日ごろに始まる。かなり早いタイミングの出荷で、漁業関係者からはセリ値に期待の声が上がっていた。(奥沢秀一通信員)