世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(22)=宮古工高出、白井・具志堅スポーツジム、13戦全KO無敗=は23日、都内の帝拳ジムで記者発表を開き、10月22日に東京・両国国技館で同級6位のトマ・マソン(27)(フランス)と初防衛戦を行うと発表した。

具志堅用高会長(奥)と共にポーズを取る比嘉大吾=23日、東京・帝拳ジム(小笠原大介東京通信員撮影)

 具志堅用高会長と共に出席した比嘉は「王座戦同様、最高の準備で臨む。王者であっても、挑戦者という気持ちで倒しにいく」とKO宣言。具志堅会長も「僕も初防衛をして自信をつけた。大吾には誰が来ても倒せる力がある」とまな弟子に期待を寄せた。

 比嘉は対戦相手のトマ・マソン=21戦17勝(5KO)3敗1分=について比嘉は「(10センチの)身長差もあるので、かいくぐって中に入り、良いパンチを当てていく」と戦略を描いた。

 当日は世界ボクシング協会(WBA)ミドル級1位、村田諒太(帝拳)の世界王座再戦も行われる。(小笠原大介東京通信員)