沖縄県名護市の稲嶺進市長(72)は23日、同市で記者会見し、来年2月の市長選に3選を目指して立候補すると表明した。市長選は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設が争点で、反対を貫く稲嶺氏と、容認する立場の自民党地元支部が擁立を決めた渡具知武豊・名護市議(56)の一騎打ちになる見通しだ。

 稲嶺氏は「あらゆる手段を行使し、翁長雄志知事と力を合わせて辺野古新基地建設を断固阻止し、その問題に終止符を打つ覚悟だ」と述べた。

 沖縄の反対を顧みず移設工事が進められている現状について「国の仕打ちと強行する姿勢に危機感を持っている」と強調。(共同通信)