腹話術師のいっこく堂さん=写真=が、東京都内で行われたミュージカル「ダブル」の制作発表に登場した。初挑戦のミュージカルで主演に起用され、「腹話術の人形を使ったミュージカルは世界初。幅広い世代に楽しんでいただけると思います」とアピールした。

 ミュージカルは1938年ごろの横浜の劇場を舞台にした恋物語。主人公の腹話術師は、軍部の依頼で興行師の素性を調べようと近づいてきた共演女優に夢中になり…。

 いっこく堂さんは「20年以上前、腹話術を始めてすぐのころ、ミュージカルをやってみようと思いましたが、踏み出せなかった。台本も歌も作れなかったんです」とミュージカルへの熱い思いを語った。「今回は台本ありきなので、すぐにやってみようと思いました」と迷わず出演を決めた。

 「僕はリズム感がないからダンスは苦手。踊りはお人形さん(健太くん)に任せます」と弱気発言で笑わせた。