九州各県議会議長会議(会長・新里米吉沖縄県議会議長)が23日、那覇市内のホテルで開かれ、米軍普天間飛行場の5年以内の運用停止など基地問題への対応を政府に求める議案を採択した。沖縄戦戦没者と遺族のDNA鑑定を戦没地を限定せず照合するよう求める議案など、各県提案の21件の議案を採択した。