県企画部は21日、2017年4〜6月期の県経済動向を発表した。観光の好調さが継続し、消費関連、公共工事請負額も前年同期を上回っており、19期連続で「景気は拡大している」と判断した。 入域観光客数は、航空路線の拡充などで前年同期比9・8%増の229万8600人。