【久米島】毎年、サシバの春の渡り調査で久米島を訪れている岡崎市の三浦重光さんが3月27日、久米島町阿嘉上空を飛んでいた準絶滅危惧種のオオタカを撮影した=写真。

 最初はサシバと思ったが、撮った写真を見てオオタカと判別。「以前にもオオタカらしき姿を見ていたが、確信がなかった。今回しっかり撮れてすっきりした。50~60センチの幼鳥で、久米島で12年ぶり」と喜んだ。(比嘉正明通信員)