厚生労働省がこのほど公表した2017年度5月末現在の都道府県別の国民年金保険料の納付率で、沖縄は全国平均の53・4%を大きく下回る37%(前年同期比2・5ポイント増)でワーストだった。 16年度(通年)でも沖縄は47・81%(全国平均65・04%)で、全国最低が10年以上続いているという。