沖縄防衛局は15日、名護市辺野古の新基地建設に関連し、大型コンクリートブロックによる損傷などが確認されたサンゴ94群体のうち、84群体が常時立ち入り禁止区域(臨時制限区域)の内側に位置していることを明らかにした。