9秒でまるわかり!

  • 宮古島市への観光客数が14年度は43万人で過去最多
  • これまで最多だった12年度の41万人から2万人増
  • 韓国からのチャーター便や伊良部大橋開通が押し上げた

 【宮古島】宮古島市の2014年度入域観光客数が前年度比3万159人(7・5%)増の43万550人となり、過去最多を更新した。プロ野球オリックス1軍キャンプ撤退の「不安要素」はあったが、市はチャーター便就航や伊良部大橋の開通などが増加要因と分析。12月を除き毎月、前年同月を上回っており「宮古島の認知度が高まっている証し」と評価、さらに観光誘客に取り組む。

宮古の入域観光客数

 入域観光客数最多だった12年度の41万3654人を2万人近く上回った。前年度比で著しく多かった月は7月の5758人と3月の5243人。12月だけが22人減だった。

 市は当初、オリックス撤退で「冬場に大きな穴が開くのでは」と懸念したが、ゴルフ目的の旅客を乗せた韓国のチャーター便や地域航空会社フジドリームエアラインズ(FDA、静岡市)のチャーター便などの就航があったことが、最多更新につながったと分析した。

 FDAに関して、市観光商工局の下地信男局長は「西日本各地の新規観光客の掘り起こしにつながっており、リピーターとしても今後大いに期待できる」と話す。

 また、「宮古島の認知度は高まっている。45~50万人を見据え、旅行地として選ばれるプロモーションなどを考えていきたい」として6~9月の限定で全日空が就航する関西直行便の定期便化に向けて取り組みを進める考えを示した。