海邦商事(沖縄県うるま市)は市特産の黄金芋やビーグ(い草)を使ったお茶「黄金芋のとろり茶」と「黄金芋とビーグのとろり茶」の2種類を開発した。7月中旬からうるま市内を中心に販売しており、今後は県内各地の土産品店での商品展開も目指す。

海邦商事が開発した「黄金芋のとろり茶」(右)と「黄金芋とビーグのとろり茶」=24日、うるま市役所

島袋俊夫うるま市長(中央)に商品の開発を報告した、海邦商事のセントローレント真紀社長(右から2人目)、プロモーションうるまの中村薫代表理事(同4人目)、黄金芋の生産や加工などを手がける「みやの」の比嘉民子代表取締役(同1人目)ら=24日、うるま市役所

海邦商事が開発した「黄金芋のとろり茶」(右)と「黄金芋とビーグのとろり茶」=24日、うるま市役所 島袋俊夫うるま市長(中央)に商品の開発を報告した、海邦商事のセントローレント真紀社長(右から2人目)、プロモーションうるまの中村薫代表理事(同4人目)、黄金芋の生産や加工などを手がける「みやの」の比嘉民子代表取締役(同1人目)ら=24日、うるま市役所

 市の島しょ地域活性化事業の一環で、一般社団法人プロモーションうるまがプロデュースを手がけた。24日、島袋俊夫うるま市長を訪ね、商品の完成を報告した。

 とろり茶は宮城島と伊計島産の黄金芋をペースト状にし、県内産さとうきびの粗糖と炊き込んで混ぜ、粉末状にした。1種類はパウダー状にした市照間産のビーグを混ぜ込んだ。熱湯を注ぐと黄金芋のでんぷんによってゆるやかなとろみがつくのが特徴。ビーグ入りは抹茶に似た苦みが楽しめるという。

 同社のセントローレント真紀社長は「黄金芋の甘みとお茶のとろみで、喉通しが良く小さい子どもからお年寄りまで安心して飲んで頂けるお茶になっている。新たな沖縄の冬の商品として展開していきたい」と意気込んだ。

 販売価格は黄金芋のとろり茶が600円、ビーグ入りが700円(ともに税抜き)。問い合わせは同社、電話098(938)2133。