ボーカルと三線の須藤元気、ボーカルの仲野由美子、渡辺直由の3人組ユニット「ナイチャーメイド」がデビュー曲「海の絆」をYouTubeで配信している。沖縄の豊かな自然や癒やしをイメージした曲に、須藤は「多くの人に聴いてほしい」と話し、沖縄でPRをスタートした。

「沖縄の人たちに愛されるグループに」と話す須藤元気(右)と渡辺直由=那覇市・沖縄タイムス社

 須藤は元総合格闘家で現在は拓殖大レスリング部の監督。仲野はジャズシンガーの傍ら東京で小料理屋を経営し、渡辺はプロ歌手やブラジリアン柔術家を経て現在は漁師として石垣島に住んでいる、ユニークな組み合わせだ。

 格闘技と音楽という共通の趣味で意気投合した3人で約1カ月前にグループを結成し、須藤と仲野で作詞、作曲した。17日に沖縄タイムス社を訪れた須藤は「まだ手探りの状態だが、一生懸命さと楽しさを伝えたい」と意欲的。東京では週に4日、三線教室に通うほど沖縄音楽に入れ込んでいる。

 渡辺は「音楽と格闘技は、かけ離れているようで実は似ている。入場曲にこだわる人が多いように、切っても切り離せない存在だ」と話す。

 ゆったりとした雰囲気の曲に合わせたプロモーションビデオは石垣島や竹富島、波照間島でロケを行った。

 「自然と向き合い、平和に貢献するグループになりたい」と須藤。「まとまった数の曲ができて、フェスに出演できたらうれしい。沖縄の人たちに愛されるように」と沖縄での音楽活動を楽しんでいるようだ。