沖縄総合事務局は16日、首里城公園の累計入園者数が今月下旬に5千万人を達成するとの見通しを発表した。達成日は24~25日とみられ、5千万人目の入場者には認定証や記念品が贈られる。

 同公園は1992年11月3日に一部開園し、23年目。入場者は増加傾向で推移し、2006年度に過去最高の267万人を記録。しかし、リーマンショック後の景気低迷を受け、10年度には201万人まで落ち込んだ。その後は観光客数の増加などを背景に上昇基調に乗り、14年度は252万人まで回復した。累計入園者数は06年10月に3千万人、10年12月に4千万人を達成。ことし4月14日時点で約4992万人となっている。