【東京】河野太郎外相は22日、日米地位協定について、改定だけではなく運用改善や補足協定など有効な手段を検討する必要があるとの考えを強調した。報道各社の共同インタビューで「どうやるのが一番合理的で、早く必要なものがとれるかということを考えていかないといけない」と述べた。