翁長雄志知事と安倍晋三首相の会談が決まり、県議会では実現を一定評価する意見が相次いだ。ただ、与党会派は、日米首脳会談前の首相のアリバイ作りと指摘し、政府は名護市辺野古の新基地建設を継続するだろうと警戒。野党・中立会派は、県と政府の意見交換の積み重ねによる解決に期待し、反応は分かれた。