電撃的に発表された安倍晋三首相と翁長雄志知事のトップ会談は、政府への批判的な世論を気に掛けた首相による戦略的な仕掛けでもある。メディアの注目が集まる場で政府の考えを訴え、国民に辺野古移設への理解を得たい政府。対する知事側も国内外へ沖縄の考えを発信する絶好の機会ととらえ、一歩も譲らない構えだ。