【東京】上京中の翁長雄志知事は17日午前、安倍晋三首相との初会談を前に「これまで話してきた(辺野古新基地反対の)思いを短い時間で的確に総理に伝えたい」と述べ、安倍首相の訪米前に沖縄の民意を直接伝える考えを示した。都内で記者団の取材に答えた。

 また、菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、安倍首相と翁長知事との会談について「知事就任後初めてになるので、双方がそれぞれの考え方を説明し、率直な意見交換を行うことになると思う」との認識を示した。

 また、菅氏は「移設問題だけでなく、国と沖縄にさまざまな重要課題があるので、そうしたことについても忌憚(きたん)のない意見交換を続けていくことが大事」との考えを示した。