観光コンテンツの企画・開発などを手掛けるパム・コークリエーション(那覇市、長嶺由成代表)は、泡盛酒造所で泡盛などを割安で購入できる周遊パスを制作した。パスを提示すると県内21酒造所や、その周辺の観光施設・飲食店など計34カ所で、泡盛やステーキなどの対象商品が980円になる。観光客らに配布し、酒造所を巡ってもらうきっかけにしたい考え。最大で820円の割引がある。

酒造所の周遊パスをPRするパム・コークリエーションの林弘晃常務(中央)ら=25日、沖縄タイムス社

 12年連続で減少する泡盛の出荷量回復を目指し、泡盛の良さを広く知ってもらおうと企画した。県酒造組合が実施する県の琉球泡盛県外展開強化事業の一環。県内21酒造所を含む観光関連施設32カ所で3千部を無料配布する。

 より多くの酒造所を巡ってもらおうとスタンプラリーも実施。3店舗以上の利用で菓子などのプレゼントがある。泡盛の基礎知識やおいしい飲み方も紹介している。有効期限は来年2月まで。

 同社の林弘晃常務は「泡盛の飲み比べなど、観光客だけでなく県民も楽しんでほしい」と話した。問い合わせは同社、電話098(860)9072。