糸満は選抜甲子園、チャレンジマッチと敗れ、もどかしい状況が続く。巻き返しへの一歩にしようと、九州大会に懸ける思いは監督、選手ともに強い。 エース右腕の金城乃亜は連敗の悔しさをかみしめながら「出るからには九州で優勝したい。何か一つでも浮上のきっかけをつかみたい」と静かに闘志を燃やす。