日本の人気アニメを活用した外国からの観光誘客を目指す「アニメツーリズム協会」(東京、富野由悠季会長)は26日、「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」を発表した。沖縄県内からは、金城哲夫資料館がある南風原町が選ばれた。同館には、「ウルトラマン」シリーズを手がけた故金城さんの脚本や写真などを展示。ウルトラマンは特撮以外にアニメ版もある。

 アニメ作品の舞台、モデルになった場所や漫画家の記念館がある自治体から選ばれた「聖地」は、昨年の大ヒット映画「君の名は。」のモデルとされる岐阜県飛騨市や東京都新宿区、「サマーウォーズ」の長野県上田市など。四国八十八カ所の巡礼にちなんだ。同協会は、聖地巡りなどの観光ツアー開発を目指す。

 千葉市での発表会に出席した南風原町観光協会の照屋盛夫会長は「アニメに関心のある外国人観光客が、町を訪ねてくれたらうれしい」と期待。哲夫さんの弟和夫さん(70)は「多くの方に資料館の存在を知ってもらえることはありがたい」と喜んだ。

 「アニメ聖地88」は、世界の日本アニメファンによるインターネット上の投票を基に、地方自治体や地元観光協会などと協議して選定した。