プロバスケットボールTKbjリーグ西地区2位の琉球ゴールデンキングスは18、19の両日、奈良中央体育館で同地区10位のバンビシャス奈良とアウェー2連戦を行う。

奈良戦に向け、攻守を確認するキングスの選手ら=15日、宜野湾勤労者体育センター

 奈良は1戦目を落とすと、プレーオフ出場枠8位以内が遠のくことから、積極的な仕掛けが予想される。キングスの伊佐勉ヘッドコーチ(HC)は「1戦目で受け身にならないようにしたい」と意気込む。

 キングスと3位の浜松・東三河フェニックスのゲーム差は1。プレーオフ地区準決勝に進んだ場合にホーム開催できるのは2位までとなるため、伊佐HCは「1戦も負けられない。選手もいい緊張感を持っている」と気を引き締めている。

 18日は午後6時、19日は同2時試合開始。