【名護】ムラの農業を発展させる目的で1919年、沖縄県内で最初に開通したのが「仲尾トンネル」だ。旧集落と田んぼや畑の間には約50メートルの丘陵があり、開通前には迂回(うかい)して農地に行かなければならなかった。「農業の発展にはトンネルが必要不可欠」と寄付金と区民の負担金で完成して96年。