9秒でまるわかり!

  • 翁長雄志知事が維新の党の江田憲司代表と会談した
  • 知事は辺野古新基地建設に反対する方針へ理解を求めた
  • 江田氏は沖縄との対話が大事としたが、移設の賛否は明言を避けた

 翁長雄志知事は18日、維新の党の江田憲司代表と那覇市内の知事公舎で会談し、名護市辺野古の新基地建設に反対する方針や民意へ理解を求めた。江田氏は政府が沖縄と対話する機会が足りないとして、国会で首相に要請する考えを伝えた。辺野古の作業は「いったん停止し、首相と知事が話し合うことが大事」と述べた。

翁長雄志知事との会談後、質問に答える維新の党の江田代表=18日、那覇市

 会談後、知事は記者団に安倍晋三首相と対話を続ける必要性があるとし、江田代表には「今の状況で(政府と沖縄が)交わることはなかなか難しいだろう。野党として工夫ができるならしてほしい」と支援を求めたことを明らかにした。

 江田氏は1996年、普天間飛行場の返還を米政府と合意した故橋本龍太郎元首相の秘書官で、当時と比べて首相本人に沖縄と向き合う姿勢がないと指摘。

 記者団に「信頼関係を結び議論がスタートできればいろんな知恵も出てくる」と述べたが、辺野古移設の是非は「返還合意時に官邸で携わった者として、軽々に無責任なことを言うつもりはない」と明言を避けた。

 知事と首相の初会談の冒頭で、予定より早く報道陣への公開が打ち切られたことについて、江田氏は「ありえないことで失礼千万」と批判した。