地区最下位チームとの力の差は歴然だった。それでもキングスは、ルーズボールに果敢に飛び込むなど、ハッスルプレーで応じ、主導権を握り続けた。 試合の入りから激しい守備で相手を抑え込むと、岸本隆一、小菅直人、金城茂之がスピードを生かしたドライブで得点を重ねた。