高校野球の春季九州大会(第136回九州大会)は18日、佐賀県立森林公園野球場などで開幕して1、2回戦の計5試合が行われた。2回戦で秋季大会準優勝の糸満が鶴崎工(大分)を延長十回、8-7で下し、準々決勝に進んだ。

 糸満は2-7で迎えた六回、1死二、三塁で金城匠吾が適時二塁打を放ち2点を返すと、九回は1死一、三塁から比嘉海斗の犠飛や金城旭貞、金城匠吾の連続適時打で同点に追いついた。7-7の延長十回、金城乃亜の適時二塁打で勝ち越し点を挙げ、逆転勝ちした。

 2回戦で2季連続優勝を狙った九州学院(熊本)が佐世保実(長崎)に3-4で敗れる波乱があった。佐賀商がれいめい(鹿児島)に9-4で勝った。

 19日は2回戦の残り5試合が行われ、ベスト8が出そろう。興南は福工大城東(福岡)と対戦する。

<18日の結果>

▽1回戦

飯塚(福岡)10-0 伊万里農林(佐賀)(六回コールド)

九州国際大付(福岡)12-0 唐津商(佐賀)(六回コールド)

▽2回戦

佐賀商 9-4 れいめい(鹿児島)

糸満 8-7 鶴崎工(大分)(延長十回)

佐世保実(長崎) 4-3 九州学院(熊本)

<きょう19日の試合>

▽2回戦

〈ブルースタジアム、9時〉

飯塚(福岡)-日南学園(宮崎)

神村学園(鹿児島)-龍谷(佐賀)

〈みどりの森、9時〉

熊本国府-九産大九州(福岡)

興南-福工大城東(福岡)

九州国際大付(福岡)-樟南(鹿児島)