昨秋準優勝で選抜大会に出場した糸満が延長の末、鶴崎工(大分)を8-7で下し、辛くも初戦を突破した。先発・右サイドスローの平安常輝がピリッとしなかった。 1点リードの二回、制球に苦しみ、ストライクを取りにいった球を痛打された。6安打にボークなども絡み5失点。三回、先頭打者を歩かせたところで降板した。