2017年(平成29年) 11月22日

沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県議会、オスプレイ墜落に抗議決議 与党提案を賛成多数で可決

 沖縄県議会(新里米吉議長)は28日午前、臨時会を開き、米軍普天間飛行場所属のオスプレイがオーストラリアで墜落した事故への抗議決議、意見書の両案を賛成多数で可決した。日米両政府にオスプレイの配備撤回などを求めている。

オスプレイ墜落への抗議決議、意見書の両案を賛成多数で可決した県議会臨時会=28日、県議会

 与党3会派が提案した抗議決議と意見書は「日本政府の飛行自粛を一顧だにせず、運用上の必要性を理由に県民を軽視する米軍の姿勢に怒りを禁じ得ない」として(1)オスプレイ配備撤回(2)普天間の5年以内の運用停止(3)在沖海兵隊の撤退―を要求している。

 野党会派の沖縄・自民も事故に抗議し、安全確保までの飛行停止などを求める抗議決議と意見書を提案したが、対案となる与党案が可決されたため採決に至らなかった。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス